無線ガイドシステムのAUX機能——説明を盛りだくさんにしましょう!

無線ガイドシステム送信機の AUX インターフェイス機能は、システムを通じてオーディオ ファイルまたは音楽を再生する必要があるシナリオで使用されます。

 無線ガイドシステムの AUX インターフェイスは、ユーザーが携帯電話、タブレット、コンピューターなどのオーディオ デバイスをトランスミッターに接続して、オーディオ ファイルや音楽を再生できるようにする非常に便利な機能です。 例えば:

1.ガイド付きツアー:  ガイド付きツアーでは、ツアー ガイドは AUX インターフェイスを使用して、興味のある場所やオブジェクトに関する事前に録音された音声ファイルを再生できます。 これは時間を節約し、提供される情報が正確で一貫性のあるものであることを保証します。

たとえば、博物館のガイドはこの機能を使用して、特定の展示物について議論している専門家の録音を再生したり、関連する時代の音楽を再生したりすることができます。 同様に、ゲストを史跡に案内するツアー ガイドは、AUX インターフェイスを使用して、関連するオーディオ クリップや音楽を再生して、体験をさらに充実させることができます。 基本的に、AUX インターフェイス機能により、ツアー ガイドは追加の音声コンテンツを組み込むことで、ゲストにとってより没入型で魅力的な体験を作り出すことができます。

2.イベント管理: 見本市、カンファレンス、展示会などのイベントでは、主催者はウィスパー システムの AUX インターフェイスを使用して音楽や録音済みのアナウンスを再生し、聴衆を惹きつけ、情報を提供し続けることができます。

3.教育:教育機関では、教師がウィスパー システムの AUX インターフェイスを使用して、講義に関連する音声ファイルを再生したり、生徒が主題をより深く理解できるようにするための教材として使用したりできます。

すべての Retekess ウィスパー システムが AUX 入力をサポートします。 その中で、TT106 無線ガイドシステム T130S無線ガイドシステムTT116 無線ガイドシステムは、マイクと AUX 入力を同時にサポートします。つまり、訪問者はマイクとオーディオ デバイスからの音を歪みや遅延なしに同時に聞くことができます。

 無線ガイドシステムの AUX 機能の利点は

1.多用途性:AUX 機能により、ユーザーは 3.5 mm オーディオ ジャックを備えたあらゆるオーディオ デバイスをトランスミッターに接続できます。 これにより、ユーザーはさまざまなデバイスに接続して、 無線ガイドシステムを通じてプレイできるようになります。

2.利便性: AUX 機能を使用すると、無線ガイドシステム経由で接続して再生できるため、ユーザーは別の音楽プレーヤーなどの追加機器を持ち運ぶ手間が省けます。

3.オーディオ品質の向上: オーディオファイルは無線ガイドシステムを通じて再生されるため、ユーザーは大人数のグループや騒がしい環境でも、より明瞭かつ音量のある音声を聞くことができます。

AUXインターフェースの使用方法

Retekess 無線ガイドシステムの AUX 機能は操作が簡単です。 送信機と受信機の電源を入れてペアリングし、3.5mm AUX ケーブルを使用して送信機の AUX ジャックをコンピュータ、携帯電話、MP3、カーラジオ、その他のオーディオ ソース デバイスに接続します。 そうすれば、受信機はこれらの外部オーディオデバイスからの音を聞くことができるようになります。 音が小さいと思われる場合は、レシーバーの音量を調整するだけでなく、接続されているオーディオ機器の音量も上げてください。

無線ガイドシステムの AUX インターフェイスは、システムを通じてオーディオ デバイスを接続し、オーディオ ファイルを再生するための利便性と柔軟性をユーザーに提供し、幅広いシナリオで価値のある追加機能となります。

無線ガイドシステムの AUX 機能の使用についてご質問がある場合は、support@retekess.com までお気軽にメールでお問い合わせください。

コメントを

すべてのコメントは公開前にモデレートされます